前へ
次へ

話す時に笑うのは葬儀マナーに違反するか

葬儀マナーの1つに、笑いがあります。
当日に笑うのは不謹慎と思われている事も多々あるでしょう。
確かに葬式の最中だけは、あまり笑うべきではないとされています。
しかし実際には、葬儀の時に笑ってしまうのは、必ずしも葬儀マナーに反するとも言えません。
それよりも、やはり会話の流れを重視する方が良いでしょう。
笑ってしまうのは、あたかも他界したのが愉快であるように思われる可能性はあるでしょう。
ですから、笑うのは控えるべきとされている訳です。
しかし親しい遺族と会話すると、自然と笑みが出てくる事はよくあります。
日常会話で笑顔が出るのは、ごく自然な流れです。
葬儀であることを過剰に意識して、全く笑わないよう心がけるのも、かえって不自然になってしまう事があります。
現に遺族と会食する時などは、笑いながら話す事はよくあります。
笑うのは禁物という点を、過剰に意識する必要はありません。
状況に応じて笑う分には、実際は特に問題ないとされています。

Page Top