前へ
次へ

葬儀マナーでメイクはどうすればよいか

女性の葬儀マナーで悩みどころはメイクです。
派手なメイクがだめなことは理解できても、どれくらいのメイクなら許されるのか、または、すっぴんの方が良いのか本当のところよくわからないという人も多いようです。
まず、ノーメイクは葬儀の場においてもマナー違反になってしまうので要注意です。
学生ならば見逃してもらえますが、社会人の場合はきちんとメイクをして行くことが最低限のマナーになるので、お悔やみの場で合ったとしても、メイクをしていくことが葬儀マナーに当たります。
では、どの程度のメイクなら許されるのか、その程度について解説します。
化粧の葬儀マナーでは、片化粧が広く定着しており、常識の範囲内であると考えられています。
あまり聞き慣れない言葉ではありますが、要するに薄化粧のことを意味します。
葬儀マナーでは薄化粧を心がけます。
注意点としては、口紅は用いず、用いたとしてもごく薄い色を用いるようにすることがポイントです。

Page Top